スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心理学をやってましたが


暑いですねぇー。

でも夏生まれなので夏大好きです。

ここ1週間ほど、あわてて体を鍛え始めていますが、

間に合わないですか・・笑
(いつものパターンです)



私の大学の卒業論文は

『筋トレを3日坊主で終わってしまう理由と
 その解決法』

というものでした。


研究室の中では一番アカデミックじゃない内容だったように思います。

そんな研究をしておきながら、

自分が筋トレがなかなか持続しない、というのも問題です・・・。



よく「心理学をやっていてなんか役に立った?」

と聞かれます。



心理学を勉強すれば、人を操れるんでは!

などと考えて心理学を専攻したんですが、

そのような授業はまったくなくて、ガッカリ。



でも、ヒトを理解する上で、とても役に立っていると
今では思います。


一番、最初に知って驚いたことは、

「ヒトは、自分のことを、他人を見る程度にしか理解していない」

ということです。



「自分のことは自分が一番よく知っている」

なんてセリフがありますが、

実は、自分のことは自分であまり知れないのです。



自分を動かすのも、他人を動かすのと同じくらい

難しかったりします。


ダイエットの例を考えてみるとわかりますよね。



そういう前提で自分やヒトを考えると、

一歩引いた視点で見やすいなって思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

心理学をあなたに捧げます

すごく面白いです。いろいろな人の顔が浮かんで、うなずいてしまいました。実用品・普段使い  「私、こんな性格じゃない!」“血液型の本”を読んで、こう感じる人も少なくないはず。それは当然のこと。血液型の共通点は、性格ではなく“モノの考え方”なのです!

恋愛脳

単なる恋愛論ではなかった!好きな者同士なら相手のことは十分に理解してるはず、いや、少なくともしているつもり。それでもかみ合わないときが間々ある。ひどいときにはほんの些細なことが原因で大喧嘩に。果てはお付き合いすらプッツンなってことに。その原因が互いの脳み
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。