スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEO


SEOという言葉はテレビ番組などでも取り上げられ、
ずいぶん有名になってきたので、


ホームページに興味がある方であれば知っている方も
多いと思います。


わかりやすく言ってしまえば、

自分のホームページがヤフーやGoogle(グーグル)などの

検索エンジンで、より上のほうに見られるようにするための

技術です。


ヤフーやGoogleは独自に研究開発している、複雑な法則を

あてはめて、いろいろなホームページの順位付けをしています。


この法則は、両社とも、極秘となっています。


なので、自ら検索の傾向や、順位付けが上位にくる
ホームページなどの分析をして、その法則を
推測していくしかありません。


そこで世界中の人間が、その法則を解読しようと
やっきになっています。


とはいえ、検索エンジンも常に進化し続けていますから、

ある人が見つけた法則を使ってSEOをしても、

それが機能しなくなる場合もあります。



多くの場合、小手先のテクニックで内容の薄いホームページが
不当に上位にくることができるような、やりかたは
つぶされてしまいます。


逆に、ホームページの内容を判断する上で基本的な
土台の部分は、ヤフーもGoogleも順位付けの法則からはずすことができません。


彼らも、一般のインターネットユーザーに、よりよい検索結果を
提供しなければなりませんからね。


私たちもホームページ制作を商売としている以上、
一定のSEO技術は持っていなくてはなりません。


小手先のテクニックも常に研究はしていますが、

常に土台となる基本的なSEOをしっかりと行うよう

心がけています。



それでは、SEOの入り口として、ひとつ、もっとも基本的であり、強力なSEOをご紹介します。


それは『タイトル』です。


ホームページを開いたときの、ブラウザの枠の一番左上に
でてくる文言を見てみてください。

このページでは、『イノグリる』と出ていますね。


この部分にキーワードを入れるようにしましょう。


例えば、山本屋という八百屋さんを経営しており、
そのホームページを作ることにしたとしましょう。


ページのタイトルを「山本屋」とすると、タイトルだけでは
何屋さんかわかりませんね。


そのような場合は、以下のようなタイトルに変更してみましょう。


「野菜を新鮮なままに!千葉の八百屋さん山本屋」


これで、タイトルだけで、八百屋さんだということがわかります。


検索エンジンは、このタイトルの文字を大きな基準として
判断しています。


このように変更することで、


「野菜 八百屋」と検索された場合に、山本屋さんのページが

表示されやすくなります。


まずはどのような言葉で検索した人に自分のページをみてもらいたい
のか、考えて見ましょう。


そして、すぐにその言葉をタイトルに入れましょう

(入れ方がわからない方は、ホームページを作った
 担当者にいれるようにお願いしてみてください)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。