スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

注意(attention)を守る


僕たちは毎日とても多くの広告に囲まれてます。

ビルの壁には大きな壁面広告がありますし
電車に乗れば、窓にも広告が貼ってあります。

インターネットの世界では、それはもっと顕著で、
メールもホームページもソフトも広告であふれかえっています。

(ネットでは、無料で提供するかわりに広告で収益を得る
 というモデルがほとんどなので、しょうがないのですが・・)


広告にとっては、「認知させる」ことが最重要な目標です。

ページ上で表示されたときに、

「お、こりゃなんだ?」

と目をとめてもらうこと。


そのために、心理学まで用いた、さまざまなテクニックが
開発され続けています。



仕事をしていて、インターネットにつなぎっぱなしですので、
毎日様々な広告にさらされているのですが、

ふと気付くと、広告に目がとまっていたりします。

(広告を作る人たち、さすがです)

そして、クリックしてしまわないまでも、

広告に目がいってしまうことによって、一時的に仕事がストップ
してしまっています。


注意が奪われている、という感じ。


携帯などでも、僕たちの隙間時間を埋めるためのサービスが
続々と登場してきており、

そのサービスにくっついて、広告が僕たちの注意をひきつけようと
しています。

うっかり気を抜くと、1日中、広告に注意を奪われっぱなし
になってしまう。


生産的に仕事したり、
自分の内面について考えたりするためには、

広告に触れる機会そのものをコントロールして、
自分で、自分の注意を守らないといけないなぁ

と最近感じます。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。