スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しげきっくす


3月中は忙しくてあまり本を読む時間がとれませんでしたが、

刺激的な本に出会いました。

ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く!

梅田望夫さんの本は結構読んでますが、
今回も読みながらWEBの可能性や世界観にワクワクしてしまいました。

インターネットは誰でも発信できるので
見えない相手を疑っていると、全然楽しめませんし発展しません。

インターネット業界の最先端をひっぱる人たちに共通している要素が

「人間は善いものだ、ということを信じること」

がある、というのが印象的です。


このブログは実名でやってますが、

実名のブログを開く時には、やはりとても抵抗がありました。


へたなことかけないな、とか

悪用されちゃうんじゃないか、とか、


これってやっぱり根本では人間そのものの善性を信用できていないんだな

と感じます。


しかし、本から感じられる、シリコンバレーの人々の明るさや

「テクノロジーの力で世界をより良くする!」という意識に

触れて、


自分もWEB業界に関わる人間として、

「WEBを使って世界をより良くする」という意識で何かやってみたい

という気分になりました。


もちろん、新しいサービスを創造していく彼らのような技術は
ないですし、世界を良くする、というのも大げさな話なのですが、

たとえば、ほんのちょっとだけ人々の暮らしに貢献できるようなWEBサイトを
作る、とか

そういうことならできると思います。
アイディア次第では。


「自分が世界を良くするぞ」

って思いながら仕事をするのは、きっとお金のために仕事をするよりも
何倍も充実していて楽しいものになりますし。

(もしかしたら収入も)


ということでNieco以来、久々にですが、


「まずビジネスありきではなく、世の中をちょっと良くするサイトを
 作るとしたらどういうものがあるだろう?」


ということを、最近考えています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。