スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生初のお仕事


16歳のとき、初めて行ったバイトが
ケンタッキーフライドチキンの厨房バイトでした。




バイトができるようになる前は、家での家事のお手伝いをしておこづかい。
家事一つにつき1回10円でした。

ゴミ捨てをして10円、お風呂を洗って10円、ご飯をたいて10円
味噌汁を作って10円、ネコの糞取りをして10円

とにかく稼げない。

でもおかげで家事のほとんどは身についたように思います。

そうして稼いだ月1500円程度を、慎重に大事に使う。
貧乏性が身についたのもこのときなのかもしれない・・。



ケンタッキーのバイト代は時給800円。

なんと、1時間働くだけで800円です。

僕は16歳になって衝撃を受けました。


多くの人は「働いてみてようやくお金のありがたさ、稼ぐことの大変さを知るんだ」と
言いましたが、僕の印象は違いました。

「お金を稼ぐということは、なんて簡単なんだろう!」

なんせ月1500円で当たり前だと思ってた少年が、働き出したとたん
4~5万円を手にしちゃったのだから、

もう、手に余る大金。

僕は、自分の貧乏性が結構気に入っています。
貧乏性になると、稼ぐのが簡単になりますからね。
(主観的な意味で)

子供にも節約感覚を教えたいと思っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。