スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すごい人にまじってプレーすると


昨日ルーキーズの映画をテレビで見ました。
(ほんとはバイオハザード見たかったのだけど。)

赤星という高校2年生の野球部員が出てきます。

彼はメジャーリーガーになる、という夢を持っていて、
そのため、高校野球の部活には参加せず、大学の野球部で練習している、
という場面があります。


自分が属す、高校というジャンルでプレーしている間は、
人よりずっとうまい、という地位にいれるのに、
自分よりも周りがうまい環境にいることで、さらなるレベルアップをはかる。


あえてレベルの高い環境に身をおく、というのは、
成長を早める上で、とても有効だと思います。


レベルの高い環境にいると、普通なら「まぁいいだろう」とされるような
水準で活動していても、まだまだ足りない、と思わされる。


「1と2の間であればいいよ」という一般レベルではなく
「1.5と1.6の間じゃなきゃだめ」という高い精度を求められる。


無理をさせられる、というわけではなく
高い基準を自然と満たそうとするために、
無意識で成長していける、ということなんじゃないかと思います。


むしろ、やる気がなかったとしても、周りのレベルが高ければ
高いレベルにいける。

だから、自分の身をおく環境は意識的に、高いところに置こう。
そして、知らないうちにレベルアップしよう。

ということを思ったルーキーズ。
スポンサーサイト

第5期の始まりはピザを食べよう


8月末で、イノセントグリーンも4期を終え、
9月から第5期が始まりました!

今日は、9月に入って最初の会議だったので、

「4期はお疲れ様的ピザパーティ!+目標発表会」

を開催しました。

現在の5人のメンバーが各自、12月末までに達成したい目標を
書いてきて、ザーピー(ピザ)をムシャムシャ食べながら発表する、

という会。

piza.jpg
↑好きなもんくえーぃ!で頼んだけど、食べ切れませんでした。
 余ったピッツァは誰かの夕飯になりました。


実は、個人個人で目標を持つ、ということを
やったのは、これが初めて。


目標というものは、発表するとなると、
プレッシャーになりがちだし、
達成できなかった場合のゲンナリを考えれば、
低めに設定しよう、というパワーが働いちゃっても
しょうがないと思っています。

むしろ、低い目標を作って、らくらく達成できてしまったとしても
それはそれで、いいんじゃないかと。

達成する → うれしい → 目標設定する → 達成する → うれすぃ


というスパイラルが働けば、
知らない間に高い目標にも楽しんでチャレンジできるように
なりますですからね。


なので、低い目標設定が出てきても、良かったのですが、
いざ、みんなの目標を聞いて見ると、
とってもチャレンジングでストイックなものばかり。

意欲が高いメンバーで素敵です。

もちろん僕も目標を発表したので、負けてられないっす。
がんばります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。