スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水耕栽培が主流になったり


パソナが本社ビルの地下に、農場を持っている、というニュースを最近よく見ます。

将来的に食糧危機が起きたとき、メインの食料は人工的な栽培になるのかな、と思いました。

水耕栽培による大量生産。


水耕栽培をすると、土で育てる場合に比べて、圧倒的に多くの実がとれるそうです。
そうなれば、作物を育てられる土地が足りなくなったら、
水耕栽培で大量に育てるしかなくなるのかもしれません。

世界的に飢える人がいなくなる、というのは、
人類の目指すひとつの大きなゴールだと思います。

そうなったら、土で育てた野菜は高級品になったりとかするんでしょうかねぇ・・。
スポンサーサイト

2009年ネット流通が拡大


ガイアの夜明けを見ました。
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber/preview090127.html

チラシについてるコードをネットに入力するだけで
家まで品物が当日届く、生鮮スーパーに感動しました。

「ネットで注文を受けるスーパー」

といえば、誰でも簡単に言うことができますが、

実際実現するとなると、

その注文受付の仕組みや、商品調達、梱包、宅配など
オフラインの綿密な準備が必要です。

しかも、利益も出さないといけない。


それでも、そのスーパーがサービスを始めたことで
地域の人々(特に高齢者)は大きな恩恵を受けてます。



ところで、不況の中でも、
インターネットで買い物をする人は増えているようです。

それは、ネットは圧倒的に安いからです。

これまでは、安いとはいえ、インターネットで商品を購入することに
不安を覚えて、躊躇する人が大半でした。


しかし、不況による、急激な生活防衛意識の高まりのせいで、

少しでも安いものを求めて、不安を乗り越えてネットで買い物をしだす人が
増えているのだと思います。


ネット流通業界にとっては、この不況は大きなチャンスになるかもしれません。

個人的な予想ですが、今年、ネットでの買い物が一気に拡大するんじゃないかと
思っています。

写真術


土曜日、フォトライフコンシェルジュの瀬川さんのお話を聞いてきました。


なにせ、スタッフ紹介の自分の写真がコレですから・・。
たくや

(顔色悪っ!)


すぐに活かせそうなことで、


・人物を撮るときは背景に注意せよ。必然性がないものは背景に入れない。

・逆行のときは、明るくてもフラッシュをたくと良いときがある。

・手を動かしてる感じにすると躍動感が出るよ。


といったことを学びました。



今週こそ・・・・今週こそ自分の写真を撮りなおそうと思います。

初ニードル


昨日、初めて鍼を体験しました。

知人の針灸師がお試しでやってくれたのです。


緊張していましたが、
刺してみると全然感じない。いたくない。

そして首の奥の方がズーンと重くなる感じ。

鍼灸って結構いろんな症状に対応できるそうです。

東洋医学の神秘。

ラジオ好きです


先日購入した車(ダイハツタント:子育てに人気の車ナンバーワン)にナビとワンセグがついているので、運転中もテレビが見れて、渋滞も気にならないのですが、一人で運転する時はもっぱらラジオにしてます。
ラジオって、テレビと違ってあまり考え事をじゃましないんですよね。「その招待はー?ババーン!えぇー!」とか押し付けがましくやらないし。
それでいて、さらっと興味深い雑学を教えてくれたり、懐かしい音楽を流してくれたりと、気に入ってます。

子、誕生する


堀のブログに先に書かれちゃいましたが、

昨日、子供が生まれました。

元気でスタイリッシュな男の子です。

夜中の出産だったのでしっかり寝不足。

でも、染み入るものがありますね。



今週は休日やら出産やらで、あまり仕事をしてません・・。

2009年よろしくおねがいします


あけましておめでとうございます。

あっという間に2009年を迎えてしまいました。

思い返せば、昨年も数え切れないほどの出会いがありました。

スタッフも増え、社内の体制も(少しだけ)変わりました。


今年のテーマは個人的には「地道にコツコツ」です。

大体僕は、大変革を狙いがちなのですが、

やっぱり一歩一歩が大事だよね、という気持ちで新年が始まりました。


プライベートでもビジネスでも、一つずつ小さく要望や目標を実現していきたいと思います。

お世話になっている皆様、今年もよろしくおねがいします。

そして、年末には、

「今年もまたいろんなドラマがあったなー」

と感慨に浸れればいいなと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。