スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交流会にて


昨日、ある交流会にいってきました。

勉強になるお話もあり、出会いもあり、
すばらしい会でした。

その中で、新しい参加者が自己紹介の簡単なスピーチをする
機会がありました。

それまで和やかリラックスで皆さんと話していたのですが、
スピーチがある、とわかった瞬間から、

なんだかすごく緊張し始めてしまいました。

僕はあがり症な方ではありますが、
人前で話す機会はチラホラありますし、
昨日の場は、しょっとした自己紹介程度の話だったのですが、
自分でも不思議なくらいの緊張。


感情の動きって自分でも全然わからないものですよねぇ。。
スポンサーサイト

たまに森に行くとすごい元気に。


先週の日・月で、イノセントグリーンスペシャル研修に行きました。

(というのは大げさで、お誘いいただいて遊びのキャンプにいってきました)


普段は、完全にパソコンに向かっている毎日なので、
海や森の中で、体を動かしていると、ぐんぐん元気になっていく感じがします。


やっぱり自然の中のほうが人間いいですよね。

ホームページの仕事は、様々なお客様の社内や業界のことを
深くしりながら、一緒につくっていける、とても楽しいですが、
パソコンに向かいっぱなしで、身体を悪くしてはしょうがないので、

森の中で作業をするってどうだろう?と

妄想をしました。


朝起きて、炭でご飯を作り、食後は
バンガローでWEB制作の仕事を行う。

午後に、また食料を調達しに行って食事を作り、
あいまあいまに仕事を行い、

夜は温泉に入って、寝る。


ステキです。

注意(attention)を守る


僕たちは毎日とても多くの広告に囲まれてます。

ビルの壁には大きな壁面広告がありますし
電車に乗れば、窓にも広告が貼ってあります。

インターネットの世界では、それはもっと顕著で、
メールもホームページもソフトも広告であふれかえっています。

(ネットでは、無料で提供するかわりに広告で収益を得る
 というモデルがほとんどなので、しょうがないのですが・・)


広告にとっては、「認知させる」ことが最重要な目標です。

ページ上で表示されたときに、

「お、こりゃなんだ?」

と目をとめてもらうこと。


そのために、心理学まで用いた、さまざまなテクニックが
開発され続けています。



仕事をしていて、インターネットにつなぎっぱなしですので、
毎日様々な広告にさらされているのですが、

ふと気付くと、広告に目がとまっていたりします。

(広告を作る人たち、さすがです)

そして、クリックしてしまわないまでも、

広告に目がいってしまうことによって、一時的に仕事がストップ
してしまっています。


注意が奪われている、という感じ。


携帯などでも、僕たちの隙間時間を埋めるためのサービスが
続々と登場してきており、

そのサービスにくっついて、広告が僕たちの注意をひきつけようと
しています。

うっかり気を抜くと、1日中、広告に注意を奪われっぱなし
になってしまう。


生産的に仕事したり、
自分の内面について考えたりするためには、

広告に触れる機会そのものをコントロールして、
自分で、自分の注意を守らないといけないなぁ

と最近感じます。


電車は学びの場


先日立ち読みした本の中で、なるほどな
という考え方に会いました。

-------------------------------------------
東京に職場があって、郊外から電車で1時間かけて通う。
普通は、遠くて大変だと思われがちだけど、
往復2時間電車に乗っているということは、
毎日確実に2時間の勉強時間が得られるということ。
1日2時間、月に40~50時間の勉強時間の積み重ねは
圧倒的な差を生み出すだろう。
しかも、東京より家賃が安いから、好きなことをしたり、
投資にまわせるお金も増えるのだ。
-------------------------------------------

長い通勤時間も、前向きに考えれば、
メリットに見えてきますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。