スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事納め(一応)


私たちの会社は、幕張駅から徒歩5分の、閑静な住宅街にあるのですが、

近所の路地を散歩していると、猫がたくさんいます。


塀の上や、道の隅でひなたぼっこをしている猫を見かけると、

とてもうれしくなります。


猫党ですから。



(しまったブログに書くのであれば、写真をとっておくんだった、と後悔)




さてさて、株式会社イノセントグリーンは
年内の営業は本日が最終日です。

(一応)



皆様今年は大変お世話になりました。



いろいろな方との出会いがあり、

また挑戦したこともたくさんありました。



今年一年歩んできた道のりを振り返ってみると、

とても良い年だったな、と感じます。



来年もさらに良い年にしようと思います。


みなさまも、
お体にお気をつけて良い年をお迎えください。


(去年の大晦日、私は浅草でおなかを壊して苦しみながら
 新年を迎えました・・・)

スポンサーサイト

サーリーフ大統領


先週の土曜の朝、BSでおもしろいドキュメント番組を見ました。

アフリカのリベリアの大統領に2006年に就任した。

サーリーフ大統領という女性の話です。


リベリアは長い内戦が終わったばかりで、国としては

ガタガタな状態。債務も37億ドルにまでふくらんでいました。


彼女は、内部の不正をできるだけ追求し、必要であればどこにでも直接出向き、

反対デモのリーダーとは直接対話し、巧みな外交を行って、債務帳消しを働きかけました。



サーリーフ大統領と、暴動化しつつあった抗議デモとのやりとり。




サーリーフ大統領「このデモのリーダーはどこ?ここへ来てちょうだい!」

男「おれだ!大統領に言いたいことがあって来た!」

サーリーフ大統領「そのまえに、あなたたちは、このままでは戦争だ!などと騒いでいるらしいわね。」

男「そんなことは言っていない!」

サ「でも新聞に書いてあったわよ。そう騒いでいるって。正当な要求があれば、私たちも前向きに対話することができます」

男「正当な要求がある」

サ「そう、なら、みんなを説得してちょうだい。その後で、正式に話し合いましょう」



そして、リーダーはデモの群衆に向かって叫びました。

男「みんな!聞いてくれ!おれは大統領と直接話してきた!
  あちらの会議室で、これから正式に話し合いを始める!」


ワァァーー(歓声)


デモのリーダーの伝え方もすばらしいですが、

サーリーフ大統領の、収め方には感服しました。




これほど優秀なトップの人がいるのか・・と驚きました。


もちろん、テレビ番組なので、彼女の良い面を中心に描いていることは
予想できますが、やろうとしていること、人柄、ビジョンなどが
しっかりと伝わってきて、思わず応援せずにはいられませんでした。


日本の首相や政治家たちも、こういう映像を作ったらいいんじゃないかと思いました。

クリスマス!


あれよあれよとクリスマスですね!

町を歩いていてもイルミネーションがあふれています。


今年のイルミネーションは、色とりどりのライトで豪華にするというよりも、

白のライトをたくさん点灯させて幻想的な雰囲気にする、というのが流行っているように思います。
(勝手な分析)


将来的には、クリスマス時期には家の周りに電飾をいっぱいつけて
夜じゅうキラキラさせていたい派の山本です。


ターシャテューダーというアメリカのおばあさんが
テレビでこんなことを言っていました。

「クリスマスのようなイベントは、当日も楽しいけれど、
 当日を待っているワクワクした期間もとても幸せなものよ。
 だから、1年の間にたくさんのイベントをやって、
 そのために、長い時間をかけてじっくりと準備をするの。
 そうすれば、ずっとワクワクしていられるわ。」


とても良い言葉です。

ターシャはクリスマスの1ヶ月前から
もみの木を用意したり、飾りを作ったり、お菓子を作ったり
準備をし続けるそうです。

毎日を遠足前夜にするという感じですかね。
(・・・違いますかね)


人生を楽しくするひとつの秘訣だなぁと思います。




さて、話は変わりますが、
私が現在参加している、

『竹田和平さんの貯徳問答講』
というオンラインの研鑽会のようなもので、


ある、素敵な動画が共有されました。


人生にも、またビジネスの上でも、役に立つであろう
ヒントのある、映像です。


感動したので、こちらで共有します。

【1/3】



【2/3】



【3/3】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。