スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨人のSEO


一般的にSEO会社と呼ばれる会社が行う施策は次の2通りです。


①自分の持っている多くのサイトからリンクを貼る。

②ページ内のプログラムを調整(チューニングといいます)して、
 検索エンジンに好まれる形に直す。


僕たちも、成果報酬型のSEOを行うときは、
①と②を行っています。

ただ、Googleが

「リンクを販売することは、検索結果を操作しようとすることであり
 推奨していない」

と公言しているとおり、あからさまなリンクの売買行為は
ペナルティとなってしまう危険もあり、①のリンク設置をするには、
できるだけナチュラルな形で行うことが現在のSEOの主流です。

(でも少し後ろめたい方法でもありますよね)


大手企業が行うSEOは、これらとは違って、
王道を行くようなものです。



自社コーポレートサイトとは別に、

その業界の情報を集めたポータルサイトや、
各商品別にサイトを次々と立ち上げていく、というやり方です。


一社が同時に複数のドメインで立ち上げていくサイトを
「サテライトサイト」と呼びますが、

大手はとにかく、サテライトサイトをたくさん立ち上げます。

そして、そのすべてのサイトをYahoo登録していきます。


ひとつひとつページボリュームがあり、情報豊かなサイトが
いくつもあること、

そして、それらのサイトが相互にリンクでつながっていること
によって、力強い土台ができあがっていきます。



この戦略、大手じゃなくてもできると僕は思います。


まともにやれば、多くの人間やコストを投入しなくてはならないので、
とてもやれたものじゃありませんが、


デザインなどは、テンプレート型にしてしまって、
安めの制作会社と組んで、サテライトサイトを立ち上げていけば、

1個あたり、10万円前後でできるんじゃないかな、と思います。


ただし、コンテンツだけは自分で作らなくてはならないので、
文章を大量に作って、ユーザーにわかりやすいように整理する、という
労力をかけられる人だけがやれる作戦ですね。

スポンサーサイト

ヤフープチ進化


ヤフーの検索エンジン「YST」がアップデートされたようです。

僕たちのクライアント様の中にも、今回のアップデートで
大幅に順位を上げたサイトもあります。

こういうときってうれしいですね。
(逆もあるのですが・・)

ちなみに、YSTの更新情報はこちらで見ることができます。
http://searchblog.yahoo.co.jp/

最良のSEOとは


現状のSEOをとりまく環境は、

SEOスパムを行って、手っ取り早く検索上位を狙おうとする側と

検索エンジン側で、イタチごっこの状態です。


とはいえ、GoogleやYahoo!の検索エンジンの賢さがどんどん進んでいっています。


スパム行為はひとつひとつつぶされていって、

いずれは、現在よく使われているスパムのほとんどが姿を消すであろうことは

推測できます。



なので、今のSEOのプロたちは、

いかにテクニックを使って、検索エンジンをだますか、

という方向から、


検索エンジンが進化していく方向を予測して、

いかに、それに合わせた対策をしていくか

という方向に向かっています。



それは、インターネットを使う人々にとっても、

検索エンジン側にとっても望ましいことです。



しかし、最終的には、

”良いコンテンツを持っているページ”

が、SEOに強くなります。



他のページには無い良いコンテンツは、

当然たくさんのリンクをもらえます。

恣意的なリンクではなく、純粋に「役立つコンテンツ」として

認められた投票のリンク。



そういったリンクを集められるような内容を掲載していくことが
本来のSEOの王道です。


自社のホームページを、次のような視点で

見直してみると良いかもしれません。


・このホームページの中に、一般の人が、わざわざ自分のブログなどからリンクをしてくれるような、コンテンツはあるだろうか?

・わざわざお気に入り登録してくれるような役立つページはあるだろうか?



どのような業種であれ、各企業は、扱っている商品のエキスパートですので、

あまり詳しくない一般の人にとっては、目から鱗の情報があるものですよね。



そういった情報を丁寧に提供していくことは、

SEOのみならず、

WEB戦略として成功する一つの方法だと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。