スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネコワーキング


先週土曜日、PANDDAという勉強会で、HTML5のイマについて、発表してきました。

その会場が、なんと、あのネコワーキング

ご存知でしょうか、ネコのいるコワーキングオフィス「ネコワーキング」

なんというコンセプト!


極ネコ派の僕としましては、つねづね行ってみたいと思っていた場所ですが、

なかなか、その時間がとれずにいまして、

このたび、ついにチャンスが巡ってきたのです。


フローリングの明るくて落ち着いたスペースに日本ネコが2匹いますが、

人懐っこさがすごい。

ネコカフェ的なところは何度かいったことがありますが、ネコって基本的に人に寄ってきませんよね。

まして、人がネコに寄って行こうとするような姿勢を見せているときには。
(それがネコのいいとこなんですけど)

なので、ネコカフェでもネコに触れずに終わる、というのが、ネコカフェあるあるだったりします。


ここのネコ2匹はグングン寄ってきます。

PCの上にも飛び乗ってきます。


当時の僕がPCで書いていた議事録の一部です↓


-------------------------------------

同じコンテンツが2ページに書かれているとgoogleに厳しくされる。
情報サイトでも各ページに数行程度の文字を追加するだけでもこうっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっt

-------------------------------------

top_about_photo_4.jpg
※写真はネコワーキングWEBサイトより

途中でネコがPCに乗ってきました。


いい・・・。
スポンサーサイト

あんぱんにはまっているっていう話


パンがかなり好きです。

僕の中で、パンの王様といえば、これまで、
ヤマザキの白い砂糖ののった、うまいヤツだったのですが、
ぱん


ここ最近、急激に勢力を(僕の中で)伸ばしているパンがいます。


それがANPANです。


あんぱんなぞ、年に数回、やむをえない状況で食べるかどうかってくらい
どうでもいいパンだったのですが、


年末あたりから、気になりだしちゃいまして。

なんだか、知らず知らずのうちに意識し始めちゃって、

あれ、なんか好きなのかもって思ったら、

どんどん好きになっちゃって。

気づけば、授業中、先生の話も耳に入らず、あいつのことばっかり目で追ってる・・ (//)

--------------


年明けてからは、2日に1回、あんぱんを食べてるんですよ。

特に、あんぱんブームを決定づけたのは、千葉みなと駅ナカにある、

サンエトワールのあんぱん。



法務局やハローワークがあるので、ちょくちょく行く駅なのですが、

大体あんぱん食べて帰ります。


売り切れていたときには、店員のお姉さんに、
「え!!?どうして!どうしてー!!」

と迫ってしまったほどです。

(地味に見えて、あんぱんって意外に人気なんですね)


久々にきた大きなブームですよ。
(今もあんぱん食べたいですし)
pan2


寝不足のときっておもしろい


早いもんであと1.5ヶ月で今年も終わりですね。

先月はちょっと突発的に忙しいことが何度かあり、
徹夜を何度かたしなみました。

制作会社の宿命とはいえ、徹夜はできるだけしたくないもんですよね。

徹夜をすると、寝不足で頭がボンヤリして、うまいこと考えられません。

でも、おもしろい現象もあるな、とこないだ思いました。



寝不足だと、普段は優勢な理性の部分というか、意識の部分があまり働かなくなる代わりに、

感情というか、無意識的な部分が、大暴れをしだすんです。



電車にのっていたら、とつぜん、中学校時代に修学旅行でフォークダンスしたときの記憶が、ありありと蘇ってきたりとか。

いろんな記憶が浮かんでは消え、いろんな感情が浮かんでは消え、していく様子を
意識の部分は、ボンヤリと観察している、というような。

映画上映会のような。

その無意識の観察で、本当の自分がわかるんじゃないかなぁ、と思いましたね。




すごい人にまじってプレーすると


昨日ルーキーズの映画をテレビで見ました。
(ほんとはバイオハザード見たかったのだけど。)

赤星という高校2年生の野球部員が出てきます。

彼はメジャーリーガーになる、という夢を持っていて、
そのため、高校野球の部活には参加せず、大学の野球部で練習している、
という場面があります。


自分が属す、高校というジャンルでプレーしている間は、
人よりずっとうまい、という地位にいれるのに、
自分よりも周りがうまい環境にいることで、さらなるレベルアップをはかる。


あえてレベルの高い環境に身をおく、というのは、
成長を早める上で、とても有効だと思います。


レベルの高い環境にいると、普通なら「まぁいいだろう」とされるような
水準で活動していても、まだまだ足りない、と思わされる。


「1と2の間であればいいよ」という一般レベルではなく
「1.5と1.6の間じゃなきゃだめ」という高い精度を求められる。


無理をさせられる、というわけではなく
高い基準を自然と満たそうとするために、
無意識で成長していける、ということなんじゃないかと思います。


むしろ、やる気がなかったとしても、周りのレベルが高ければ
高いレベルにいける。

だから、自分の身をおく環境は意識的に、高いところに置こう。
そして、知らないうちにレベルアップしよう。

ということを思ったルーキーズ。

六本木・土曜の夜


ベンチャーフェス終わりました。

いろいろな人と話せて、とてーも楽しかった。

とてぃーも。


今回初めてお会いできた皆さんと、またじっくりお話して

つながってゆきたいです。


それにしても。

空腹のままお酒を飲んだので、大変酔いどれました。



コンビニで買った、カップラーメンがうまいこと。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。