スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケータイにあってPCにないもの


インターネットの閲覧という機能において、

ケータイにあって、PCにない大きなメリットは

”立ち上げる必要がない”

ということじゃないでしょうか。


情報のスピードがどんどん速まっていく中、

知りたいと思った情報を得るために、パソコンを立ち上げるのでは
遅すぎるように感じます。


(普段パソコンで仕事をしている方はあまり気にならないかもしれませんが)


ケータイは基本的に電源がつけっぱなしなので、

iモードボタンや、EZWEBボタンや、Yahooボタンを押すだけで
インターネットに接続できます。

大体5秒くらい。

パソコンはどんなに早くても電源を入れてブラウザを立ち上げるまでに
数分かかります。


このスピードの差は、ユーザーにとってはかなーり重要になってきます。


小型化するモバイルPCと

多機能化していくケータイとで、

ユーザーの取り合いが行われていく中で、

すぐに情報に接続できない、というデメリットを解決してくるノートパソコンが

近いうちに発売されてくるんじゃないかな、と思います。


(現時点でそういう開発情報は特に知りませんが、もしかしたら
 もう開発されてるかもしれません)
スポンサーサイト

水耕栽培が主流になったり


パソナが本社ビルの地下に、農場を持っている、というニュースを最近よく見ます。

将来的に食糧危機が起きたとき、メインの食料は人工的な栽培になるのかな、と思いました。

水耕栽培による大量生産。


水耕栽培をすると、土で育てる場合に比べて、圧倒的に多くの実がとれるそうです。
そうなれば、作物を育てられる土地が足りなくなったら、
水耕栽培で大量に育てるしかなくなるのかもしれません。

世界的に飢える人がいなくなる、というのは、
人類の目指すひとつの大きなゴールだと思います。

そうなったら、土で育てた野菜は高級品になったりとかするんでしょうかねぇ・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。